ここから本文です

マグロ解体、豪快に 焼津さかなセンターで「まつり」

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS 5/5(金) 7:55配信

 焼津市八楠の焼津さかなセンターで5日まで、「春の焼津さかなセンターまつり」(焼津水産振興センター主催、静岡新聞社・静岡放送後援)が開かれている。大型連休中に合わせて県外からも観光客が訪れ、海の幸を堪能するイベントや限定料理を楽しんでいる。

 同市特産で知られる天然ミナミマグロを解体するショーは、体長約1メートル、重さ約32キロの新鮮な魚を用意した。同センター社員が包丁で手際良くさばき、来場者に切り身を振る舞った。具材が日替わりで人気の「センター鍋」はホタテをメインに使用。みそベースの名物料理が、先着500人に無料で提供された。場内はイベントや買い物、食事を楽しむ人々でにぎわった。

 マグロの解体ショーは4日のみ。5日はセンター鍋配布(正午から)や同市出身で二胡(にこ)奏者の鈴木裕子さんによる演奏(午後0時半から)、深海サメの解体ショー(午後1時半から)などが行われる。午前9時~午後5時。

静岡新聞社

最終更新:5/5(金) 7:55

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS