ここから本文です

<十二人の死にたい子どもたち>冲方丁の直木賞ノミネート作 「good!アフタヌーン」で次号から連載開始

まんたんウェブ 5/6(土) 0:00配信

 人気作家・冲方丁(うぶかた・とう)さんの小説で、2016年下半期の直木賞にもノミネートされた「十二人の死にたい子どもたち」がマンガ化され、6月7日発売の「good!アフタヌーン」(講談社)7号から連載がスタートすることが分かった。作画担当は「ネクログ」の熊倉隆敏さん。6日発売の同誌6号で発表された。

【写真特集】「マルドゥック」シリーズ「最初は50枚の短編だった…」

 「十二人の死にたい子どもたち」は、冲方さん初の現代長編ミステリー。廃業した病院に来る12人の子どもたちが、安楽死を目的に「集いの場」に集まると、既に1人の少年が横たわっていた。お互いが初対面の少年少女たちは、不測の事態を前に議論と観察、推理をしながら結論を出す……というストーリー。

最終更新:5/6(土) 0:00

まんたんウェブ