ここから本文です

技術系職種の人材確保へ 浜松市が冊子発行

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS 5/5(金) 8:36配信

 浜松市人事委員会事務局はこのほど、市の技術系職種を紹介する冊子「市役所仕事研究ガイドプラス」を発行した。事務職に比べて認知度が低く、採用試験で定員割れすることもある技術、免許資格職種を大学生らにPRし、人材確保を図る。

 冊子は「土木・建築・電気・機械編」と「化学・獣医師・薬剤師編」の2種類。土木編では、住みやすい街をデザインする都市計画や公共建築などの魅力を紹介。化学編では保健、環境関係の職種のほか、市動物園や畜産振興の現場で活躍する獣医師など市役所のイメージが薄い職種を解説している。

 事務局によると、技術系の人材は最近の景気回復により、行政より民間企業に集まりやすくなっているという。2016年度の市の採用試験(大学、大学院生などが対象)では、土木が15人程度の募集に対し申込者は7人。獣医師、薬剤師は申込者が2人で倍率は1・0倍だった。

 事務局担当者は「市役所のさまざまな職種を知ってもらい、何とか受験者を確保したい」と話す。冊子は事務局で配布するほか、市ホームページからダウンロードできる。

 問い合わせは同事務局<電053(457)2201>へ。

静岡新聞社

最終更新:5/5(金) 8:36

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS