ここから本文です

川崎フロンターレが3-0、5試合ぶりの白星…新潟は3連敗/J1リーグ第10節

GOAL 5/5(金) 16:58配信

■J1第10節 川崎F 3-0 新潟

川崎F:ハイネル(40分)、小林(50分)、阿部(75分)

新潟:なし

明治安田生命J1リーグ第10節が5日に行われ、等々力陸上競技場では川崎フロンターレとアルビレックス新潟が対戦した。試合は3-0で川崎Fが勝利。川崎Fは5試合ぶりの白星、新潟は3連敗となった。

リーグ戦4試合勝ちなしの川崎Fは、前節に続いてMF中村憲剛が欠場となったが、MF大島僚太がJ1第5節以来となる出場。出場停止明けのエドゥアルド・ネットとボランチを組んだ。また、エドゥアルドが今季初めて先発に名を連ねた。対する新潟は連敗中。FWホニが前日の練習で負傷したためにメンバー外となり、FW鈴木武蔵が先発に起用された。

序盤、主導権を握ったのは新潟。川崎FはMF阿部浩之がトップに入り、FW小林悠が右サイドに張ったが、チャンスを作れない。そうした中、新潟にアクシデント。DF矢野貴章が28分に負傷交代となり、DF川口尚紀がピッチに入る。

川崎Fは35分過ぎから阿部と小林の2トップに変更すると、攻撃にリズムが生まれる。その間隙を縫い、39分に川口のボール奪取から、MFチアゴ・ガリャルドがシュート。しかし、GKチョン・ソンリョンにセーブされる。すると、その直後に川崎Fが反撃。阿部のスルーパスにFWハイネルが抜け出すと、GKとの一対一を制してゴールネットを揺らす。

0-1で後半を迎えた新潟はゴールを目指すも、川崎Fに追加点が生まれる。50分、MF長谷川竜也から阿部、小林とつなぐと、小林がGKと一対一になってシュート。川崎Fがリードを広げる。しかし、その後は消極的なプレーが目立つようになり、新潟が攻め込む時間帯が続く。

川崎Fは75分、小林からのパスを受けた阿部が、ペナルティエリア手前からシュート。GK大谷幸輝の手をかすめるも、そのままゴールに入り、川崎Fが決定的な3点目を挙げる。試合は3-0で終了。川崎Fが第3節以来となるホームでの白星を挙げた。

GOAL

最終更新:5/5(金) 17:00

GOAL

スポーツナビ サッカー情報