ここから本文です

オリックス 連敗で3差後退 福良監督、打線心配「落ちてきている」

5/5(金) 6:05配信

デイリースポーツ

 「楽天2-1オリックス」(4日、Koboパーク宮城)

 オリックスは今季3度目の連敗。楽天に3連勝ならば首位に立ったが、負け越し。ゲーム差は4月4日以来の3と開いた。

 決勝点となったのは五回の守り。1死二、三塁から代打・伊志嶺の当たりは一、二塁間を襲う強烈なライナー。これを小谷野が飛びつき好捕。さらに飛び出した二走を刺そうとそのままの態勢で投げたが大きくそれ、悪送球となり三走の生還を許した。

 その後は楽天リリーフ陣の前に六回以降わずか1安打と封じ込まれ惜敗となった。

 福良監督は「難しいのは難しかったですね」と小谷野を責めることはなかった。それよりも元気のない打線を心配した。この日はT-岡田を今季2度目となる4番に据えるなど組み替えて臨んだが駿太の適時三塁打の1点のみ。

 「全体的にちょっとずつ落ちてきている。そこをどう考えるか。何とか点数取れるように考えたい。ズルズルいかないように勝ち越せるようにしたい」

 吉田正、ロメロと3、4番を欠きながら奮闘してきたが、正念場を迎えた。

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/23(金) 11:30