ここから本文です

「惜しかったな、後1本で10本やったのに」 木から落下し骨折の間寛平に村上ショージが愛あるイジリ

ねとらぼ 5/5(金) 18:09配信

 動画配信中に木から落下し、鎖骨やあばら骨を複数本骨折したタレント・間寛平さんが、近況と芸人仲間からの愛あるイジリをTwitterで報告しています。

【ライブ配信中に木から落下】

 寛平さんが木から落ちたのは、4月30日に行われた「寛平埋蔵樹〜木のぼりトレジャーハンター〜」でのこと。同企画は、Twitter動画配信サービス「ツイキャス」で寛平さんがライブ配信する内容を頼りに、寛平さんが登っている木を探し当てるもので、この動画配信中に木から落下、鎖骨とあばら骨9本を骨折してしまいました(動画は削除済み)。

 翌5月1日には、「昨日の木のぼりツイキャスの際、木から転落しケガをしてしまいました」と報告。「猿も木から落ちた!」「皆さん、木登りには十分気を付けて下さいね」などと笑いに変えながら、出演を予定していた舞台や番組に穴を開けてしまったことを関係者やファンにおわびしていました。

 5月3日時点では病院に入院し療養中で、「思い切りボディーにパンチを入れられているような痛さ」と戦っていると報告。しかし、ツイートの内容に悲壮感はなく、心配して電話を掛けてきた同じ事務所のお笑いタレント・村上ショージさんからも「惜しかったな、後1本で10本やったのに」とユーモアたっぷりに毒づかれたことを報告しています。

最終更新:5/5(金) 18:09

ねとらぼ