ここから本文です

【柔道】ウルフが密室でやっている快感行為とは

5/5(金) 16:33配信

東スポWeb

 ノッてる男は違う!? 柔道世界選手権(8~9月、ハンガリー・ブダペスト)男子100キロ級代表のウルフ・アロン(21=東海大)が意外すぎる一面を明かした。

 体重無差別で行われた全日本選手権では王子谷剛志(24=旭化成)に敗れて準優勝だったものの、激戦階級の100キロ級代表の座を勝ち取るなど躍進ぶりが目立つ男が、最近はまっているのがコーヒー。3年時に寮で一人部屋になり、コーヒーメーカーを購入したのがきっかけだ。最初は眺めていただけだったものの、それではもったいないと考え、ようやく使い始めた。

 スーパーで豆から購入するほどということで、さぞ味にはうるさいと思いきや…。ここからが違った。

「部屋の鍵を閉めて、誰も入れないようにしてコーヒー飲みながら『オレ、かっけーな』ってやっています。コーヒーを入れている自分に完全に酔ってますね。酒がなくてもコーヒーで酔えます」

 よく聞けば、豆の種類など二の次。この“決めポーズ”を引き立たせるための材料に過ぎないという。部屋のドアをロックするのは「誰かが入って来たら恥ずかしいんで」。密室で至福のひとときを堪能している。

 畳の上の勇猛な姿からは想像もつかないが「減量の時はコーヒーを飲むと汗がいっぱい出ます。代謝がよくなるので練習前とかはよく飲みますね」と息抜きだけでない効果も実感している。4日には東京・講道館で行われた小学生の柔道教室に参加し、実技指導。心身ともに充実するウルフは世界選手権でコーヒー効果を見せたいところだ。

最終更新:5/5(金) 16:33
東スポWeb

Yahoo!ニュースからのお知らせ