ここから本文です

マンチェスター・Uが19歳ラッシュフォードのFK弾で先勝/EL準決勝

GOAL 5/5(金) 6:08配信

■ヨーロッパリーグ準決勝 セルタ 0-1 マンチェスター・U

セルタ:なし

マンチェスターU:ラッシュフォード(67分)

ヨーロッパリーグ準決勝ファーストレグが5日に行われ、セルタとマンチェスター・ユナイテッドが対戦した。試合はアウェーのマンチェスター・Uが1-0で勝利している。

ホームのセルタはリーグ戦3連敗でこの試合を迎えた。一方のマンチェスター・Uは過去3試合1勝2分けと負けていないが、マルコス・ロホ、クリス・スモーリング、ズラタン・イブラヒモビッチなど離脱者が続出している。

試合序盤に主導権を握ったのはアウェーのマンチェスター・Uだった。ディフェンスラインやサイドでボールを回しながらチャンスをうかがい、中央からはポール・ポグバが突破を狙う。

それでも、最初に決定機を作ったのはセルタだった。10分、右サイドで起点を作ると、ネマニャ・ラドヤがクロスをディフェンスラインの裏に供給。ファーサイドに走り込んだパブロ・エルナンデスがフリーでヘディングシュート。しかし、ボールはゴール右に外れた。

その後はセルタがボールを持つ時間も増え、互角の戦いが展開される。30分の段階でのボール支配率もホームのセルタが49%、マンチェスター・Uが51%となっていた。

30分台にはマンチェスター・Uが立て続けに大きなチャンスを迎えた。

まずは35分、セルタのDFがボールを保持。くさびのパスを出した所をマルアン・フェライニがカットした。ボールはアンデル・エレーラ渡り、前にいたポール・ポグバへパスを供給。マークに来た相手をかわしながらターンをしたポグバはすぐさまゴール前に走り込んだヘンリク・ムヒタリアンにスルーパス。ゴール前中央やや左からシュートを放つもセルジオ・アルバレスが立ちはだかった。

続いて39分、前線に送られたハイボールにフェライニが競り勝ち、ジェシー・リンガードにボールが渡る。マーカス・ラッシュフォードとのパス交換から中央を突破し、ゴール前20mの位置からシュートを放つ。またしてもアルバレスがセーブし、得点は生まれなかった。そのままスコアが動くことなくハーフタイムに突入した。

後半最初にビッグチャンスを掴んだのはセルタ。59分のことだった。左サイドでボールを受けたシストが中央に切れ込み、ペナルティーエリア左の角付近からシュート。ディフェンダーに当たり際どいコースへ飛ぶが、セルヒオ・ロメロが触り、コーナーへと逃れる。

その後、マンチェスター・Uは引き気味で試合を進める。最前線からはプレッシャーにいかず、ハーフェーラインを超えた辺りから圧力をかけ始め、カウンターを狙った。

そして、マンチェスター・Uは素早い攻撃から、67分にペナルティエリア右手前でフリーキックを得る。このチャンスでキッカーを務めたのはラッシュフォード。鋭く右足を振り抜くと、ボールはファー側のサイドネットに突き刺さる。マンチェスター・Uが先制に成功した。

得点が生まれてからのマンチェスター・Uは無理に攻めず、守備に重心を置いた。セルタがボールを保持するも、崩し切ることはできずフィニッシュにもなかなか至らない。

試合はそのままタイムアップとなり、アウェーのマンチェスター・Uが勝利を収めた。

GOAL

最終更新:5/5(金) 6:11

GOAL

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合