ここから本文です

中江有里 脅迫メールに「命の危険」「『死ね』と書かれて…」

5/5(金) 11:08配信

デイリースポーツ

 女優で脚本家の中江有里(43)が5日、火曜コメンテーターを務めるフジテレビ系情報番組「情報プレゼンター とくダネ!」(月~金曜、前8・00)に電話出演し、自身への脅迫容疑で逮捕された自称・新聞販売店従業員(42)から受けたとされる被害内容を生々しく語った。

【写真】元夫・小朝に脅迫メール100通…泰葉

 小倉智昭キャスター(69)の質問に応じた中江は「ストーカーの件に関してはこれまでも警察に何度か相談しているんですが、初めて今回、被害届を出した」と説明。

 今回の事件では、脅迫めいたメールが複数回、事務所HPのメールアドレスに送られてきたという。「親族に対する脅迫というか、命の危険があると不安に思いましたし、私の写真を加工して『死ね』と書かれていて悪意を感じた」と、恐怖を感じさせる内容だったことを明かした。

 番組のVTRでも事前に中江が電話インタビューを受けた内容を放送。「メール自体は4年前くらいから。わいせつな内容も入っていた」と、嫌がらせのようなメールが続いていたという。

 今回の脅迫容疑となったメールは昨年末と今年の年明けに送られてきたものだといい「最初のうちは好意が行き過ぎているのかなとか、わいせつな内容もあったので、会社を通じて警告メールを送ったが、また送られてきた」「突然だったので。悪質なものに変わったのが昨年末だった」と、度重なる警告にもかかわらず、容疑者は嫌がらせメールをやめなかったという。

 また、これまでもストーカーとも受け取れる行為に悩んだことがあったといい「これまで3回、同じ件で警察に相談している。今回は私の顔を知らない相手に親族にまで危険が及ぶのではないかと非常に怖い思いをした。イベントの仕事も出席できなくなった」と、恐怖におびえた日々を告白した。

 中江の事務所では公式HPにアドレスを公開していたが、今回の事件を受けて閉鎖したという。

 同じような被害に悩む人に対しての対処法を求められると「危険だと思ったら警察に相談した方がいい。私は今回のように捜査してもらい、安全を確保ということで逮捕に至ったが、何か行動しないと」と強く勧めた。