ここから本文です

デビュー16連勝の藤井聡太四段の師匠がテレビ生出演で明かした伝説

スポーツ報知 5/5(金) 14:05配信

 5日放送のTBS系「ひるおび!」(月~金曜・前10時25分)にデビューから16連勝を飾った将棋の史上最年少棋士・藤井聡太四段(14)の師匠、杉本昌隆七段(48)が出演し、藤井四段の伝説を明かした。

 藤井四段は4日の大阪市福島区の関西将棋会館で指された第48期新人王戦トーナメント3回戦で、先手のアマチュア代表・横山大樹さん(26)を100手で破り、昨年12月のプロデビュー以来、無敗の16連勝を飾った。

 杉本七段は、小学4年生で藤井四段が入門したその日に対局し、1局目で藤井四段が勝ったという。勝ったことも衝撃だったが「まったくうれしそうでないことに驚きました」と杉本七段は振り返った。次の2局目は藤井四段は敗れ「もう1度指して、私が勝ってこの世の終わりみたいに落ち込んでいました」と振り返り、わずか小4の子供がプロに負けて悔しがる姿に逆にすごさを感じたという。

 16連勝を決めた4日の対局後には「苦しいけど受け止められると思いました」とのメールが届いたという。苦しい場面があったことを師匠に明かしていたが「何とかなりそうだというニュアンスのことが書いてありました」と杉本七段は話した。

 番組で杉本七段は藤井四段の癖も披露。対局中に頭が将棋盤にかぶることがあるといい「ちょっと苦しい時にこういう感じになります」と明かした。これまでの指導を振り返り師匠として教えたことは「特になし」とした杉本七段。その真意を「持っている才能がプロから見てもうらやましいものがありましたから、常識的な教えはかえって、やらない方がいいと思いましたので、あまり技術的なことは控えました」と明かした。才能を見抜いた師匠の眼力が今の藤井四段を形成したと言えそうだ。

最終更新:5/5(金) 14:05

スポーツ報知