ここから本文です

花咲徳栄が関東切符!2年生4番・野村が3打点 埼玉大会

デイリースポーツ 5/5(金) 16:26配信

 「春季高校野球・埼玉大会準決勝、花咲徳栄10-2春日部共栄」(5日・大宮公園野球場)

 花咲徳栄が七回コールド勝ち。決勝に進出し、関東大会(20日開幕・茨城)への出場を決めた。

 2年生4番・野村佑希外野手が3打点の活躍。初回に先制の右犠飛を放つと、三回は三塁強襲の2点適時打。痛烈なライナーで相手のグラブを吹っ飛ばした。すでに高校通算21本塁打を数える右の大型スラッガーは「秋はタイミングの取り方ができなくて詰まることが多かったが、前で捉えられるようになった」と、冬場の打ち込みの成果を実感した。

 今秋ドラフト候補の3番・西川愛也内野手(3年)も勝ち越し適時打を放つなど、クリーンアップが6打点と機能。岩井隆監督は「しつこくしつこく低い打球を、と言っているので」と、納得の表情だった。

最終更新:5/5(金) 16:44

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合5/29(月) 9:50