ここから本文です

ロッテ5連敗、エース・涌井の好投も抑え・益田が2被弾で逆転負け

5/5(金) 17:13配信

デイリースポーツ

 「ロッテ2-3ソフトバンク」(5日、ZOZOマリンスタジアム)

 ロッテは九回に抑えの益田が2被弾で逆転を許し、連敗が5に伸びた。

 勝利は逃したが、先発のエース・涌井は真骨頂を発揮した。六回。2点を追ったソフトバンク打線は本多の四球と今宮の安打で無死一、二塁とした。

 ピンチにも涌井は落ち着き払っていた。柳田を捕邪飛、内川を空振り三振に切って落とした。そして迎えた打者は昨年までの僚友デスパイネだ。ここは外角のカットボールで投ゴロに抑えた。

 この試合まで今季3度目の4連敗中のロッテ。ソフトバンクは今季最多タイとなる4連勝中だった。

 チーム打率、本塁打数ともに12球団ワーストのロッテだが、この日は先手を取った。

 三回、先頭・田村の四球を足場に2死二、三塁の先制機をつかんだ。3番の細谷が1-1からソフトバンク先発・中田の144キロ速球をたたいた。打球は中前に抜ける2点打となった。

 「とにかくどんなヒットでも、どんな形でも点を取りたいと思っていた。今宮の守備範囲もあるので、走りながら抜けてくれと祈っていた」。細谷は会心の一打を振り返った。

 一方、ソフトバンク打線は涌井からここぞの一打が奪えない。

 一回、今宮の死球から2死一、二塁としたがデスパイネが見逃しの三振。四回の無死一塁でもデスパイネを投ゴロ併殺打に切って落とした。

 慎重、そして大胆。涌井は内外角を揺さぶってデスパイネをキッチリと封じた。

 五回にも先頭の松田が安打で出塁したものの上林が空振り三振。松田は二盗に失敗してチャンスはアッという間についえた。

 ロッテは六回に先頭の細谷が左翼への二塁打。絶好の追加点機となったが鈴木、井口、香月が凡打に倒れた。

 涌井は七回の2死二塁もしのいで、内にバトンを渡した。八回は内が抑えたが、九回の抑えの益田がデスパイネの同点2ランと、上林の勝ち越しソロを浴びてトンネルを抜け出すことは失敗した。

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/25(日) 9:45