ここから本文です

花咲徳栄、10安打10得点の猛攻で2年連続9度目の春季関東大会出場

スポーツ報知 5/5(金) 15:42配信

 ◆春季高校野球埼玉県大会 ▽準決勝 花咲徳栄10―2春日部共栄=7回コールド=(5日・大宮公園)

 花咲徳栄が10安打10得点の猛攻で春日部共栄を圧倒し、2年連続9度目の春季関東大会出場を決めた。

 花咲徳栄は初回、プロ注目の西川愛也(まなや)一塁手(3年)の左翼線適時二塁打で先制。同点の3回にも勝ち越しにつながる中前打を放ち、この回一挙4得点。中盤にも着実に加点し、先発の綱脇彗(すい)投手(3年)が7回2失点と粘り強く投げた。岩井隆監督(47)は「浦和学院さんに胸を借りるつもりで戦いたい」と決勝戦を見据えた。

最終更新:5/5(金) 17:28

スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合5/30(火) 10:25