ここから本文です

西武 連敗3で止まる、雄星が7回2安打で3勝目「今年は自分がやらなきゃ」

5/5(金) 17:32配信

デイリースポーツ

 「西武7-1楽天」(5日、メットライフドーム)

 西武が連敗を3で止め、勝率を5割に戻した。先発・菊池は7回2安打1失点で3勝目(1敗)を挙げた。

 四回、先頭・浅村が中越え三塁打で出て、続く中村の左越え8号2ランで2点を先制。さらに2死から木村文の右越え三塁打、外崎の右前適時打、炭谷の左線適時二塁打とたたみかけ、この回4点を奪った。

 五回は1死一、三塁からメヒアの内野ゴロで1点を追加。5-1の八回は2死満塁から浅村の中前適時打で2点を加えた。浅村は猛打賞。

 3勝目の菊池は「(内容は)良かったと思います。最後までいきたかったですけど、何とか試合をつくれたので。今年は…自分がやらなきゃという思いが強いので気持ちが変わったと思います」と語った。

 そして、こどもの日の満員スタンドを見上げ、「本当にたくさんの子供たちに来てもらって、今日、野球場にきたことがきっかけで野球を始める子が1人でもいればいいなと。そう思ったら力がわいてきました」などと加えた。

 さらに、野球をはじめたきっかけを問われると、「グローブがそこにあったからです」と答え、三振をとる方法については、「フルスクワットじゃないですかね。筋力がすべてです!」と明かして場内をわかせた。

 楽天は連勝が2で止まった。先発・釜田が4回2/3、11安打5失点で2敗目(1勝)。0-5の七回は岡島の適時打で1点。

Yahoo!ニュースからのお知らせ