ここから本文です

注目18歳FWムバッペがレアル加入か ジダン監督の存在で本人その気?

デイリースポーツ 5/5(金) 18:01配信

 スペイン1部リーグ、レアル・マドリードが18歳のフランス代表FWキリアン・ムバッペ(モナコ)を来季獲得するという。5日までにスペインのマルカ紙が伝えている。ムバッペは現在、サッカー界で最も注目されている若手選手で、同紙は移籍金1億ユーロ(約123億円)は下らない大型移籍になるとしている。

 同紙によると、すでにムバッペ側はレアル入りの意志を固めているとされ、その理由はジダン監督の存在にあるという。もちろんレアル側もアザール(チェルシー)、ディバラ(ユベントス)といった補強候補よりも高い優先順位でムバッペ獲得に動く方針。高い潜在能力と将来性、さらに他クラブとの競合などを考慮すると、レアル史上最高額の移籍金になる可能性も考えられる。

 ムバッペはフランスとカメルーンの二重国籍を持つ18歳のFW。モナコユース所属当時、17歳を迎える前にプロデビューを果たした。17歳26日で初得点を挙げ、元フランス代表FWアンリを抜いてモナコの最年少得点を記録。その後もフランスU-19代表としての同年代欧州選手権での優勝、リーグでのハットトリック、欧州CLではマンチェスター・シティ戦で得点するなど活躍が続いている。

 注目度は高まる一方で、マンチェスター・ユナイテッド(英)、PSG(仏)といった有力クラブも獲得に向けて積極的に動いているとされる。

最終更新:5/5(金) 18:01

デイリースポーツ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合