ここから本文です

【F1】グロージャン、バトンに代わりGPDAの役員に就任

5/5(金) 10:25配信

ISM

 ロマン・グロージャンがジェンソン・バトンに代わり、グランプリ・ドライバーズ・アソシエーション(GPDA)の役員に就任した。

 バトンは2013年以来、アレクサンダー・ブルツ会長のもと、セバスチャン・ヴェッテルとともに役員を務めてきたが、2017年シーズンを前にフルタイムのレースドライバーを引退していた。

 バトンが今後、継続的にレースに参戦しないため、現役ドライバーが役員として選出されることが決定し、ロシアGPでグロージャンが役員に選ばれた。

 「GPDAの役員としてみんなから選ばれたことを光栄に思う」とグロージャンは述べた。

 「常に同じ意見を持ったドライバーたちとレースをするわけでないけれど、F1にとってのベストを目指すべくグループとして団結している」

 「F1の発展において出資者をサポートし、互いが連携するための重要な役割と義務が僕たちにあると考えている」(情報提供:GP Update)

最終更新:5/5(金) 10:25
ISM