ここから本文です

【楽天】西武に今季最少の3安打で完敗

スポーツ報知 5/5(金) 18:49配信

◆西武7―1楽天(5日・メットライフドーム)

 首位・楽天が今季最少3安打で完敗した。西武先発・菊池に7回2安打に抑え込まれ、1点を取るのがやっと。投げても4月21日のソフトバンク戦(ヤフオクD)以来、中13日での先発となった釜田が中村に先制2ランを浴びるなど、5回途中11安打、5失点と試合を作ることが出来なかった。

 梨田監督は「(菊池が)今日は立ち上がりからよかった。最後は多少ブレかけたけど、前半のピッチングは素晴らしかった。4回にいっぺんに4点を取られて、相手を楽にしすぎた」と菊池をたたえ、完敗を認めた。磯部打撃コーチも「球が強いし、どの球種も一流。コントロールもよかった」と脱帽だった。

 3連戦の初戦を落とし、3カード連続で黒星スタートとなった。6日は3勝0敗、防御率2・67と好調の美馬が先発する。

 ▽与田投手コーチ(先発・釜田について)「ボールが高井のを修正出来ずに最後までいってしまった。ゲームの中で修正して欲しかった」

 ▽釜田(5回途中5失点で2敗目)「球の感じは悪くなかった。簡単に追い込んでも決め球が甘くなってしまった」

 ▽銀次(7回に菊池の156キロを打ち返し左前適時打)「集中していった。うまくバットが出ました」

最終更新:5/5(金) 19:27

スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合5/29(月) 1:35