ここから本文です

【巌流島】菊野、体重差57キロの対戦相手に「恐怖とワクワクが…」

スポーツ報知 5/5(金) 20:34配信

◆巌流島 WAY OF THE SAMURAI 2017 in MAIHAMA ニッポンの底力! ニッポンの未来!(6日、千葉・舞浜アンフィシアター)

 6日に千葉・浦安市の舞浜アンフィシアターで開催される異種格闘技大会「巌流島 WAY OF THE SAMURAI 2017 in MAIHAMA ニッポンの底力! ニッポンの未来!」の前日計量が5日、東京・フジテレビ「マルチシアター」で行われ、無差別級で出場する、巌流島の両エース・菊野克紀(35)=沖縄拳法空手=と小見川道大(41)=柔道=が対戦相手の大きさに驚がくした。

 メインイベントに登場する菊野の体重は77.3キロだった。そして対戦相手のジミー・アンブリッツ(40)=MMA=の体重は134.4キロ。その差57.1キロと驚がくの体重差対決となる。体格の違いを目の当たりにした菊野は「今日改めてジミー選手を見て、凄い恐怖とワクワク、ドキドキが入り交じっています。でかい相手にも向かっていけるような自分になりたいですね。この試合で一つ成長できたらと思います」と闘志を燃やした。

 また、セミファイナルで無差別級マッチに挑む小見川は74.9キロで、相手の楠ジャイロ(42)=キックボクシング=は116.6キロ。体重差が41.7キロだった。小見川は「これは無差別級ですけど公平な勝負だと思っています。体重差は僕も、楠選手もやりにくい。その中での試合にどんな試合になるか楽しみ」とひるむことはなかった。

最終更新:5/5(金) 20:34

スポーツ報知