ここから本文です

【西武】雄星、5者連続Kなど圧巻の投球で3勝目!奪三振の秘訣は…

スポーツ報知 5/5(金) 21:15配信

◆西武7―1楽天(5日・メットライフドーム)

 西武の菊池雄星投手(25)が5日、楽天戦に先発し、7回2安打1失点で今季3勝目を挙げた。

 圧巻の投球だった。4回1死からウィーラー、アマダーを連続三振に仕留めると、5回も3者連続三振で5者連続三振を記録。7回は先頭の岡島に四球を与えると、2死三塁から銀次にこの日最速の156キロを左前へ運ばれて1点を返されたが、首位を快走する楽天打線を寄せ付けなかった。

 3連敗中のチームの悪い流れを断ち切る快投に「良かったと思う。今年は例年以上に自分がやらないといけないという気持ちが強い。その気持ちが(結果として)付いてきていると思う」。辻監督は「力みがなく安定している。いいボールが行っているので、安心して見ていられる」とエースへの信頼を口にした。

 5月5日はこどもの日とあって、球場には多くの少年少女がかけつけた。ヒーローインタビューでは、子供たちへ向けた雄星ならではのアドバイスも飛び出した。野球を始めたきっかけを聞かれ「グラブがそこにあったから」。三振を多く奪うための秘訣(ひけつ)については「フルスクワット(下半身強化のトレーニング名)じゃないですか?。筋力がすべてです」と、まじめな左腕ならではの“ガチ回答”でスタンドを沸かせていた。

最終更新:5/5(金) 21:24

スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合5/30(火) 0:30