ここから本文です

【NBA】ウォリアーズ、ジャズに2勝0敗 今季のPOは無傷の6連勝

5/5(金) 16:23配信

ISM

 ウェスタンカンファレンス第1シードのゴールデンステイト・ウォリアーズは現地4日、地元で第5シードのユタ・ジャズとのカンファレンス準決勝第2戦に臨み、115対104で勝利。シリーズ成績を2勝0敗とした。

 ウォリアーズは第3Q残り9分55秒に6点差まで詰め寄られ、第4Q開始時点のリードは10点だったが、そこから5対0のランで突き放した。あとは、そのまま逃げ切って連勝。今季のプレーオフは1回戦から無傷の6連勝で、これは球団史上初となっている。

 ドレイモンド・グリーンが5本のスリーポイントシュートに成功し、21得点。得点以外にも7リバウンド、6アシスト、4スティール、1ブロックとオールラウンドな活躍を見せた。

 ほかにもケビン・デュラントが25得点、11リバウンド、7アシスト、ステフィン・カリーが23得点、7アシストをマークした。

 敗れたジャズでは、第1戦で不発だったゴードン・ヘイワードが33得点と気を吐いた。ルディ・ゴベールは16得点、16リバウンドをマークしたが、ファウルアウトになった。ジョージ・ヒルは左足親指の痛みで、欠場している。

 第3戦は6日、舞台をジャズのホームに移して行なわれる。(STATS-AP)

最終更新:5/5(金) 16:23
ISM