ここから本文です

えごま麺はいかが いわき鈴木製麺が商品化

5/5(金) 9:10配信

福島民報

 福島県いわき市四倉町の鈴木製麺は、会津産のエゴマを使った乾麺「えごま麺」を商品化した。同社の鈴木千里社長(67)は「つるつるとした食感の中に弾力感があり、ほんのりとエゴマの香りが楽しめます」とPRしている。
 同社は根強い県産農産物の風評払拭に向け、これまでもナツハゼやマコモの若葉を用いたうどん、そうめんなど6次化商品の開発に取り組んできた。今回は、エゴマの実に含まれる「α-リノレン酸」などの健康効果に着目し、昨年10月ごろから道の駅よつくら港で試験販売を重ねてきた。
 価格は1袋240グラム入りで税抜き330円(標準小売価格)。四倉町の同社直売所で販売している。問い合わせは鈴木製麺へ。

福島民報社

最終更新:5/5(金) 10:12
福島民報