ここから本文です

「ジャパンハウス」、5月6日からいよいよ一般公開

MEGABRASIL 5/5(金) 8:08配信

日本食レストランや和菓子カフェも常設

世界のより多くの人々に対して日本のさまざまな魅力を伝え、日本への深い理解と共感の裾野を広げていくための海外拠点「ジャパンハウス」の1号店館が4月30日(日)、ブラジルのサンパウロに開館した。

一般公開は5月6日(土)からとなる。「ジャパンハウス」はこの後、2017年中にロンドン、ロサンゼルスでも展開が予定されている。

日本の外務省が「ジャパンハウス・サンパウロ」のフロアの施設を広報した。施設は3階建てとなっている。

GF(0階)には、展示会やセミナーの実施も可能な多目的ホール(150㎡)と、日本の伝統工芸品や最先端アイテムなどが展示され、一部購入もできるショップ「Japan Madoh(日本の窓)」、和菓子などを提供するカフェ「IMI」、約2000冊の書籍類・タブレット端末を設置したマルチメディアスペース、大きなふすま扉で仕切られたソトドマ空間がある。

1Fには、ワークショップ、講義等を実施するための可変的なセミナールーム(A:102㎡、B:42㎡、C:42㎡)とFUROSHIKI(風呂敷)ショップが。

2Fには、著名な日系人シェフJun Sakamoto氏による日本食レストラン「JUNJI SAKAMOTO」(70席)と、展示スペース(290㎡)がある。

「ジャパン・ハウス サンパウロ(JAPAN HOUSE Sao Paulo)」
住所/Av. Paulista 52 – Bela Vista, Sao Paulo, SP, Brasil
電話/+55-11-3090-8900 
開館時間/火~土曜日 10:00~22:00/日・祝日 10:00~18:00  ※休館日:月曜日

(文/麻生雅人)

最終更新:5/5(金) 8:08

MEGABRASIL