ここから本文です

古民家とボーソークライマーズがコラボ! 大多喜に合宿所

5/5(金) 10:49配信

ちばとぴ!チャンネル

この6月から体験型古民家の宿としてオープンする「まるがやつ大多喜」。

下大多喜れんげ祭りにあわせて開催されたお披露目会当日、おおぜいの見学者がいる中、まるがやつ大多喜とボーソークライマーズの間で秘密の会議が行われていた。

◆合宿向け宿泊施設にしていくというが・・・

まるがやつ大多喜は合宿所として開放する予定とのこと。

古民家といえど屋内は完全に改装されている。和モダンといった感じに改装されていた。広い台所、土間、囲炉裏を囲んでのミーティングスペース、10人が宿泊できる広間、風呂、洗面、トイレ、洗濯機もある。宿泊者には布団、浴衣、タオル類、アメニティーも提供される。

◆自転車合宿には不十分

一般的な合宿所としては十分な内容だと思う。

が、しかし!サイクリストとしては不十分だ。

昨今、自転車の盗難が頻繁に起きているが、自転車の保管場所が確保されていることは宿泊施設としてはほぼ必須条件かもしれない。そのほか、簡易的なメンテナンス器具や空気入れなども欲しいところだ。そのあたりを秘密の会議で話し合い、合意に至った。

話し合いの結果、自転車の保管場所の確保、サイクルラックや簡易メンテナンスキットほか、サイクリストにとってうれしい装備類が導入されることになった。

現在、まるがやつ大多喜は母屋の改装が終わり、蔵部分と納屋部分の改装が順次行われ、夏には完成する予定になっている。

この完成に合わせ、「ボーソークライマーズ×まるがやつ大多喜」自転車合宿プランを提供していく予定だ。
宿泊予約はボーソークライマーズで行う予定。今後の動きは順次ボーソークライマーズウェブサイトで提供されるので要チェックだ。