ここから本文です

きょう5日は二十四節気「立夏」 広く夏日に

5/5(金) 5:32配信

ウェザーマップ

 きょう5日は二十四節気の「立夏」で、春分と夏至の中間にあたり、暦の上ではきょうから夏となる。きのうは北海道で30度以上の真夏日となったところがあったが、きょうも全国的に気温が高めで、25度以上の夏日となるところが多い予想となっている。

 きょうも東~北日本は高気圧に覆われ、広い範囲で晴れそうだ。一方、西日本は、低気圧や前線が近づく影響で、雲が広がりやすい。また、きのうに引き続き、高気圧の縁を回るようにして、暖かい空気が日本付近に流れ込むため、全国的にこの時季としては気温が高めとなる。

 西~東日本の予想最高気温はきのうと同じくらいで、夏日となるところが多くなり、きのう気温が上がった北日本でも、きのうよりも気温が低いところが多いものの、平年と比べると大幅に気温が高い状態が続く。

 【予想最高気温(平年差・前日差)】
 札幌  24℃ (+8・-2)
 仙台  22℃ (+3・+2)
 東京  24℃ (+2・+1)
 名古屋 25℃ (+2・+1)
 大阪  26℃ (+3・±0)
 福岡  26℃ (+3・-2)
 那覇  28℃ (+2・±0)


 また、この先あす6日(土)は、日本付近を前線が通過していくため、広く曇りや雨となり、雷雨となるおそれもある。7日(日)は、再び全国的に晴れる見込みだ。(気象予報士・宮崎由衣子)