ここから本文です

母にマグロを食べさせたい。「すしざんまい」木村清社長のこだわり

ホウドウキョク 5/5(金) 6:30配信

関東を中心に24時間営業の寿司チェーン店「すしざんまい」を展開する喜代村の木村清社長。多くの試練を乗り越え現在に至る「すしざんまい」のエピソードから、木村社長のマグロへのこだわり、経営者としての強い信念にタケ小山が迫る。

木村清社長の写真と音声はこちら

マグロへのこだわり

新春の風物詩として知られる東京・築地市場のマグロ初競り。そのなかでもひときわ注目を集めるのが木村社長である。

値付けが高騰する初競りのマグロを豪快に落札し、周囲からは「マグロ大王」と呼ばれる木村社長のマグロへのこだわりを聞いてみた。その原点は父を亡くした4歳のときまでさかのぼる。

「父が亡くなってからは生活が急に苦しくなった。しかし母はいくら貧乏になろうとも義理と人情は欠いてはいけないという気概の持ち主で、家族に少しでもいいもの食べさせようと法事や結婚式に行くたびにマグロを2、3切れ持ち帰ってきてくれた。賽の目に切ったマグロを家族4人で食べているとき“将来はおふくろにいっぱいマグロを食べさせたい”と強く思った」

このときの想いが、今なお抱き続ける「お客様に一番いいマグロを食べてもらいたい」というマグロへのこだわりにつながる。

すしざんまいのファンなら「今年の正月も木村社長が必ず競り落として、最高の初マグロ食べさせてくれる」と疑うことなく思うだろう。実際にタケもそのようなことを年明けにtwitterでつぶやいた。しかし、初競りは価格も安定せずライバルも多い。毎年そう易々と競り落とせるものではない。とくに中国で寿司ブームが起きた年は苦戦した。

「初物は日本人にとって縁起物。特別な価値があるからこそ、すしざんまいで食べてほしい。だからこそ中国には負けられなかった。もちろん、たくさんの人に楽しんでほしいから初競りのマグロでも通常の価格で提供する」

すしざんまいのここがすごい

24時間・年中無休の寿司屋という前代未聞の触れ込みとともに、「お寿司と言えば“すしざんまい”」のキャッチフレーズでその名を全国にとどろかせた木村社長。すしざんまいのすごさを木村社長はこう答える。

「これはお客様に感じていただくしかない。手前みそになってしまうのは良くない。むしろ、ダメなところを言ってもらえればどんどん改善する。24時間・年中無休にしているのはお客様がお寿司を食べたいと思ったときに、定休日だったり、ネタ切れで早閉めしているのはいい加減だと思ったから。そうまでして寿司業界を盛り上げないと寿司職人がいなくなってしまう。潰れるまで続ける覚悟で今日までやってきた」

ダメなところを言ってもらえればどんどん改善する。そう言った木村社長の社長室はガラス張りになっている。社長と社員がお互いどのような状態か把握でき、問題が起きればすぐに相談しやすい環境が整っている。お店でお寿司を食べるだけでは分からない“すしざんまいのすごいところ“がそこにあるのではないだろうか。

1/2ページ

最終更新:5/5(金) 6:30

ホウドウキョク