ここから本文です

新造船「シルバーティアラ」2018年春就航 八戸~苫小牧航路に

乗りものニュース 5/5(金) 7:40配信

快適さとプライバシーを重視

「シルバーフェリー」(八戸~苫小牧)などを運航する川崎近海汽船は2017年4月25日(火)、現在建造している新造船の船名と客室区域の概要を発表しました。

【画像】新登場の「ビューシート」

 新船名は「シルバーティアラ(SILVER TIARA)」。八戸~苫小牧航路の愛称である「シルバーフェリー」と、同航路で使われている船舶「シルバープリンセス」の姉妹船としてふさわしい名称に決定したといいます。

「宝石のように凛(りん)と輝くティアラをイメージした」という船内は、オーシャンビューを満喫できる「ビューシート」や「プロムナード」、女性専用の「あかちゃんルーム」など、快適さとプライバシーを重視した客室設備が設けられます。

 この船は現在運航されている「シルバークィーン」の後継船として、内海造船の瀬戸田工場(広島県尾道市)で建造中。就航は2018年4月25日(水)苫小牧発、4月26日(木)八戸発の予定です。総トン数は約8600t、全長は約149m、速力は約20ノット。定員は494人で、車両はトラック(12m)82台、乗用車30台が積載可能です。

乗りものニュース編集部

最終更新:5/5(金) 7:56

乗りものニュース