ここから本文です

【MotoGP】前戦アメリカズGP優勝のマルク・マルケス「今年、なぜ僕らが速いのか分からない」

motorsport.com 日本版 5/5(金) 16:31配信

 昨年のMotoGP王者であるマルク・マルケス(レプソル・ホンダ)は、開幕戦カタールGPを4位で終えた。アルゼンチンではポールポジションを獲り、レースでもリードしていたが転倒しリタイア。第3戦アメリカズGPで、ようやく今季初勝利を挙げたものの、現状には全く満足していないという。

【ポイントランキング】第3戦アメリカズGP終了時点

 ヘレスで行われる第4戦スペインGPを前に、マルケスは次のように語った。

「ホンダは今年、エンジンの新しい特性について実に懸命に働き、異なることを試している。なぜならそこには、改善すべきことがあるからだ。しかしそれと同時に、多くのことを理解している」

「現時点では正直に言って、このバイクを良くないと感じている。でも、何らかの理由で僕は速いんだ。将来的には感触も良くなり、さらに速くなることを願っている」

 マルケスのこの意見には、ホンダのバイクを走らせるサテライトチームである、LCRホンダのカル・クラッチローも同意している。クラッチローはヘレスで、次のように語った。

「現時点では僕らは良い状況にある。スピードも良いし、バイクは十分に機能し、とても競争力がある。ラップタイムも良い。だた、僕らはどうしてそうなっているのか、分かっていないんだ」

「僕らはまだ、ラップタイムがどうしてそうなっているのか、わからないという状況にいる。バイクの感触はまだかなり難しいし、まだまだ多くのことが起きている。しかしラップタイムは良く、良い結果を得ることができている」

「僕らは多くのことが分かってきている。テキサスの週末には、ホンダ勢は7~8回のクラッシュを経験した。ヤマハはひとつだったし、それはレース日だった。僕らはまだまだ限界を超えてプッシュしている。だから、ライダーたちは良い仕事をしていると言えると思う」

 ヘレスでのスペインGPから、今年の11レースにわたる欧州ラウンドが始まる。そしてヘレスは、ヤマハにとっては昨年1-2フィニッシュを果たした験の良いサーキットだ。

 しかしマルケスは、今年のレースではヤマハのファクトリーライダーのふたり、バレンティーノ・ロッシとマーベリック・ビニャーレスと勝負できることを期待していると語る。そして、テック3ヤマハのふたりに負ける可能性については心配していないようだ。

「現時点では、ヤマハのライダー全員が本当に強い。特にファクトリーライダーのふたりとヨハン(ザルコ)がね」

「しかし大丈夫。オースティンでも言ったように、おそらく僕らのエンジンの強みは小さいけど、弱点はそれほど大きくない。それで、何らかの埋め合わせになるだろう」

「だから、週末を見てみないと分からない。とはいえ、もちろん僕はトップレベルにいて、勝利のために戦うつもりだ」

Valentin Khorounzhiy

最終更新:5/5(金) 16:31

motorsport.com 日本版