ここから本文です

パブリウチェンコワ、レプチェンコらが準決勝へ [ラバト/女子テニス]

5/5(金) 18:00配信

THE TENNIS DAILY

「SAR La ラーラ・メリヤム王女グランプリ」(WTAインターナショナル/モロッコ・ラバト/5月1~6日/賞金総額25万ドル/クレーコート)のシングルス準々決勝が行われ、第1シードのアナスタシア・パブリウチェンコワ(ロシア)、バルバラ・レプチェンコ(アメリカ)、フランチェスカ・スキアボーネ(イタリア)、サラ・エラーニ(イタリア)の4人が準決勝に進んだ。

パブリウチェンコワが大会4度目の優勝、世界1位ケルバーを破る [アビエルト GNP保険]

 パブリウチェンコワが第7シードのローレン・デービス(アメリカ)を6-4 3-6 6-3で、レプチェンコが18歳のキャサリン・ベリス(アメリカ)を6-3 6-2で、スキアボーネがタチアナ・マリア(ドイツ)を6-1 4-6 6-3で、エラーニは第3シードのダリア・ガブリロワ(オーストラリア)を7-6(5) 6-4で破っての4強入り。

 準決勝ではパブリウチェンコワがエラーニと、レプチェンコはスキアボーネと対戦する。

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

※写真はインディアンウェルズの大会でのアナスタシア・パブリウチェンコワ
Photo:INDIAN WELLS, CA - MARCH 14: Anastasia Pavlyuchenkova of Russia plays a forehand against Dominika Cibulkova of Slovakia in their fourth round match during day nine of the BNP Paribas Open at Indian Wells Tennis Garden on March 14, 2017 in Indian Wells, California. (Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

最終更新:5/5(金) 18:00
THE TENNIS DAILY