ここから本文です

穂積・加藤組 大会連覇へ王手、カンガルーカップ2017<女子テニス>

5/5(金) 19:45配信

tennis365.net

カンガルーカップ国際女子オープンテニス2017

女子テニスのカンガルーカップ国際女子オープンテニス2017(日本/岐阜、ハードコート)は5日、ダブルス準決勝が行われ、昨年覇者で第1シードの穂積絵莉/ 加藤未唯組が予選勝者のL・クムクーム(タイ)/ P・プリプーチ(タイ)組を4-6, 6-1, [10-8]の逆転で下し、大会連覇へ王手をかけた。

【日本人ペアで史上初全豪4強】

この日、第1セットを落とした穂積/ 加藤組だったが、続く第2セットでクムクーム/ プリプーチ組に1度もブレークを許さず、セットカウント1-1で10ポイントマッチ・タイブレークへ突入。

その後も接戦となるが、最後は穂積/ 加藤組がポイントを連取し、1時間22分で勝利した。

決勝では、K・ダン(英国)/ J・グラスコ(イスラエル)組と対戦する。

穂積/ 加藤組は、今年1月の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)で日本人ペア大会史上初、四大大会では2002年の杉山愛/ 藤原里華組以来15年ぶりとなるベスト4進出の快挙を成し遂げた。

昨年のカンガルーカップでは、決勝で桑田寛子/ 奥野彩加組をストレートで下して大会初優勝を飾っていた。

tennis365.net

最終更新:5/5(金) 19:45
tennis365.net