ここから本文です

奈良くるみ 日本人対決制し4強、カンガルーカップ2017<女子テニス>

5/5(金) 20:19配信

tennis365.net

カンガルーカップ国際女子オープンテニス2017

女子テニスのカンガルーカップ国際女子オープンテニス2017(日本/岐阜、ハードコート)は5日、シングルス準々決勝が行われ、第1シードの奈良くるみが世界ランク233位の秋田史帆を6-1, 6-3のストレートで下し、ベスト4進出を果たした。

【奈良 くるみ 選手詳細情報】

この日、奈良は秋田に1度のブレークを許すも、自身はそれを上回る5度のブレークに成功し、1時間36分で勝利を手にした。

準決勝では、第3シードのヂュー・リン(中国)と対戦する。

世界ランク97位の奈良は今大会、1回戦でV・ウォンテンシャイ(タイ)、2回戦で世界ランク263位の岡村恭香を下しての勝ち上がり。

また、今大会には左膝の手術から復帰した46歳の伊達公子がワイルドカードで出場していたが、第3シードのリンに2-6, 2-6のストレートで敗れ、約1年4カ月ぶりの復帰戦は黒星となった。

昨年のカンガルーカップでは、桑田寛子が優勝を飾った。

tennis365.net

最終更新:5/5(金) 20:19
tennis365.net