ここから本文です

名将アッレグリの凄さとは? 指揮官を絶賛するケディラ「戦況を読むことにも長けているが……」

5/5(金) 22:35配信

theWORLD(ザ・ワールド)

どんな勝利の後でも指揮官が選手たちの気を引き締める

ユヴェントスは6日、セリエA第35節でトリノを『無敵の要塞』と化したユヴェントススタジアムへ迎え入れる。ドイツ代表MFサミ・ケディラがトリノダービーへの意気込みなどを語った。

現在セリエAではホーム33連勝中と、今季もイタリアで圧倒的な強さを披露しているユヴェントス。そのチームを攻守にわたり中盤から支えているのがケディラだ。2015年夏にユヴェントスへ加入し、今季はリーグ戦29試合に出場。5ゴール3アシストを挙げる活躍を見せており、チームになくてはならないピースとなりつつある。

そんなケディラがクラブの公式チャンネル『JTV』のインタビューに応じ、「全ての勝利が僕にとって重要だけど、特に次の勝利は大事だ。僕たちはファンのみんなと同じ夢を共有している。ただ、僕らは夢想家ではない。しっかりと努力して、すべての大会で全力を尽くすつもりさ。週末のトリノダービーは、スクデット獲得のために重要な一戦だからね」とコメント。チャンピオンズリーグの勝利に浮かれず、次の試合でもしっかりと勝利することやトリノダービーの重要性を説いた。

さらに、ケディラは「アッレグリは非常に賢い監督だよ。モナコ戦のような勝利の後でも、すぐさま次の試合へ焦点を当て、僕らの能力を維持させるんだからね。そして、試合中は戦況を読むことに長けているし、すぐに解決策を導き出す。間違いなく最高の監督の一人だ」と指揮官について触れ、彼の腕を絶賛した。

http://www.theworldmagazine.jp/

スポーツナビ サッカー情報