ここから本文です

2位阪神が4点差逆転で広島と1差 7回に一挙5得点、首位攻防戦第1Rを制す

Full-Count 5/5(金) 17:48配信

3連勝で再び首位に肉薄、広島の連勝は「3」でストップ

 阪神は5日、本拠地で首位広島に8-5で逆転勝利。首位攻防戦第1Rを制し、3連勝で広島に1ゲーム差に迫った。4回までに4点のリードを許すも、6回までに1点差とすると、7回に一挙5点を奪って試合をひっくり返した。広島の連勝は「3」で止まった。

 先制したのは広島。2回、エルドレッドが1死からメッセンジャーのスライダーを捉え、レフトスタンドへ運んだ。さらに、4回は西川のタイムリースリーベースで1点を加えると、エルドレッドはバックスクリーン右への2ラン。2打席連続弾で突き放した。

 しかし、阪神は5回に2死から鳥谷、糸原が2連続四球。さらに、加藤の暴投で2死二、三塁とすると、梅野がライトへタイムリー。1点を返した。

 続く5回も高山が死球、糸井はニゴロ失策のあと、再び暴投で二、三塁に。福留は四球で満塁となり、加藤はここで降板となった。しかし、広島2番手の中田は中谷を空振り三振、鳥谷を中飛で3アウトとし、リードを守る。

 6回、阪神は広島3番手ブレイシアから2四球と北條のタイムリーで1点を返す。さらに、4番手一岡から糸井がタイムリー。ついに1点差としたが、福留は中飛に倒れた。

 広島は7回、一岡が続投。すると、阪神打線が爆発する。1死二、三塁から梅野の2点タイムリーで逆転。代打・原口もタイムリーを放つと、その後、糸井、福留が連続タイムリー。一挙5点を奪った。

 8回は高橋、桑原とつないで1点を返されたものの、9回は守護神ドリスが抑えて快勝。逆転勝利で首位に1ゲーム差とした。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:5/5(金) 17:51

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合5/30(火) 10:25