ここから本文です

今季初先発のヤクルト由規、4回途中3失点と踏ん張れず無念の降板

5/5(金) 19:37配信

Full-Count

初回に2四球も絡んで3点を献上

 3日、敵地でのDeNA戦で今季初先発に臨んだヤクルト由規が、4回持たずに6安打3失点でマウンドを下りた。

 初回にいきなり捕まった。先頭桑原を中前打で出塁させると、1死後にロペスの左前打、筒香への四球で1死満塁のピンチを招く。ここで迎えた宮崎に対してフルカウントから押し出し四球を与え、みすみす先制点を許した。さらに、続く戸柱にレフトへ犠飛、石川に左翼へ二塁打を運ばれて、この回に3点を先制された。

 2回以降は落ち着きを取り戻したかに見えたが、4回に石川に左中間にヒットを許すと、バレンティンの悪送球も重なり、無死二塁に。続く井納に送りバントを決められ、1死三塁としたところで、真中監督は2番手の近藤を投入。由規は今季初先発を3回1/3、6安打2四球4奪三振3失点。わずか80球を投げて降板となった。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:5/5(金) 19:37
Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合8/19(土) 10:55