ここから本文です

DeNAが主砲筒香2号3ランなどで快勝 井納は9回1失点で今季初完投勝利

5/5(金) 21:00配信

Full-Count

ヤクルトは今季初先発の由規が奮わず3連敗

 DeNAが5日、本拠地で行われたヤクルト戦に6-1と快勝し、2連勝を飾った。これで勝率5割復帰まで1勝とした。

 前日5点を稼いだ打線が、この日も奮起した。立ち上がりでもたついたヤクルト先発・由規を見逃さず、1死満塁から宮崎への四球で1点を先制すると、続く戸柱が左犠飛、石川がレフトへの二塁打で続いて一気に3点を稼いだ。

 マウンド上の井納は、1回を3者凡退とすると、2回と3回は走者を背負いながらも得点させず。4回1死から山田にソロ弾を浴びたが、堂々たる投球でヤクルト打線を寄せ付けなかった。

 打線は5回、梶谷とロペスが2連続四球で出塁すると、主砲・筒香が左中間席最前列に飛び込む2号3ランで、貴重な追加点を挙げた。

 井納は9回を1失点とする完投で今季初勝利を挙げた。

 ヤクルトは今季初先発だった由規が奮わず、3回1/3を6安打3失点で降板。打線も山田の3号ソロが唯一の得点で完敗した。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:5/5(金) 21:02
Full-Count

スポーツナビ 野球情報