ここから本文です

ASEAN+日中韓で金融協力強化

ホウドウキョク 5/5(金) 23:00配信

アジア通貨危機から20年の節目を迎え、ASEAN(東南アジア諸国連合)と日中韓の3カ国は、神奈川・横浜市で財務相・中央銀行総裁会議を開き、世界経済や地域経済の情勢などについて意見交換したほか、域内での金融協力をより強化する手段も議論した。
麻生財務相は「ASEAN+3の経済について、堅調な経済の成長を維持し、世界経済をけん引する役割を果たし続けるとの認識で一致した」と述べた。
公表された共同声明は、「世界経済の成長は上向くと予想される」とする一方で、「不確実性の広がり」による世界経済のリスクも指摘し、その理由については、保護主義などによって、政策が内向きになったことなどが挙げられている。
さらに、「オープンかつルールベースの多国間の貿易・投資体制を支持する」ことを盛り込むなど、保護主義的な主張を強めるアメリカのトランプ政権を強く意識した形。

最終更新:5/5(金) 23:00

ホウドウキョク