ここから本文です

中国の国産旅客機「C919」が初飛行

ホウドウキョク 5/5(金) 23:34配信

中国が、初の国産大型ジェット旅客機をアピール。
中国の「中国商用飛機」が開発した初の国産大型ジェット旅客機「C919」が5日、上海の空港で、初のテスト飛行に成功した。
中国メディアなどによると、C919の標準座席数は158席で、最長飛行距離は5,500km余り。
アメリカのボーイング737やヨーロッパのエアバスA320がライバル機となるが、価格は、半額以下のおよそ55億円。
すでに、中国国内を中心に23社から570機の予約があるほか、さらに2,000機の需要が見込まれ、今後テストを重ねて、2、3年後の運用を目指すという。
一方で、海外市場に進出するには、各国から安全性の認証を得ることが必要で、ボーイングとエアバスが牛耳る世界のジェット機市場を脅かす存在になるか注目される。

最終更新:5/5(金) 23:34

ホウドウキョク