ここから本文です

職藝学院の協力で補修へ 上市 おおかみこどもの花の家

5/5(金) 21:49配信

北日本新聞

 アニメ映画「おおかみこどもの雨と雪」ゆかりの上市町浅生の古民家を管理するNPO法人「おおかみこどもの花の家」(山崎正美理事長)の総会が3日、同町の音杉公民館で開かれた。全国から20人余りが集まり、築130年たった家の維持管理を中心に議論。大工と庭師を育てる職藝学院(富山市東黒牧・大山)の協力で計画的に補修を進めていく方針となった。

 山あいにある古民家は主人公が暮らす家のモデルで、ファンの「聖地」となっている。総会では、掃除、消灯、施錠、除雪など日常の管理、来訪者の実態を把握するアンケート、地元の関心を高める取り組みなど幅広く意見が出た。

 同学院を運営する富山国際職藝学園の稲葉實理事長は、ゆがみのない軒に象徴される職人の技術、積雪を考慮した基礎などを挙げて重要性を強調。貴重な教材として学院生が継続して補修に関わる考えを示し、NPOの山崎理事長らは歓迎した。

北日本新聞社

最終更新:5/5(金) 21:49
北日本新聞