ここから本文です

社説[こどもの日に]声なき声に耳傾けよう

5/5(金) 9:30配信

沖縄タイムス

 きょうはこどもの日。祝日法には「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」とある。ゴールデンウイークの中日でもあり、街や行楽地は家族の笑顔であふれているだろう。近所にも子どもたちの声が響いているに違いない。

 けれど、そうした幸せそうな風景の中に「助けて」の声が隠れている。

 全国の児童相談所の虐待対応件数は2015年度、過去最多の10万3260件だった。沖縄は687件で増加率は全国4位だ。

 ほかの大多数に比べた貧しさ、いわゆる格差を表す「相対的貧困率」。日本の子どもの場合は16・3%で、先進国30カ国中4番目に高い。沖縄ではさらに高く29・9%に上る。

 「そんな数字を知ってもこれまでは実感できなかった」。連休初日、出版イベントで出会った女性は言った。「でも本当にいたんです」

 那覇市内の大型スーパーで5歳くらいの女の子が1人立っていた。目が合うと人なつっこい笑顔を見せる。迷子かと名前を聞いたら口をつぐんだので、店員に話した。すると店員は「女の子はスーパーの常連だ」と言った。

 半年間、毎日のように朝から夕方までいる。一緒にスーパーに来る両親はゲームコーナーに入り浸り、女の子にかまわない。1日中いるが昼食を食べているかどうかは分からない-と店員は話した。

 女性がお菓子を差し出すと女の子は夢中で食べた。口の中は、むし歯だらけで前歯は無い。「児童虐待の一つ、ネグレクトではないか」。同じスーパーで2度も女の子を目撃した女性は、那覇市や児童相談所に通告した。

■ ■

 沖縄の風俗業界で働く女性を描いた本『裸足で逃げる』(太田出版)には、家族の虐待や貧困から逃げ出すため10代から業界に足を踏み入れる6人が登場する。琉球大学教授の上間陽子さんが、数年にわたる聞き取り調査を基に著した。

 少女だった女性たちの生活史から見えるのは「暴力」だ。親きょうだいに「殺(くる)される」(ウチナーグチで殴られる、暴力を振るわれるの意味)体験はもちろんのこと、性暴力はじめ言葉や態度によるさまざまな暴力が少女たちを取り囲んでいた。

 幼い頃から繰り返し暴力を浴びることで「少女たちは、誰にも手を差し伸べてもらえないと悟る」と上間さん。成長した彼女たちは、シングルマザーで困窮しても、夫のDVに遭っても、病気になっても声を上げないという。

■ ■

 そんな女性の姿を知れば、子どもたちの声なき声を聞く大人の努力は、悲劇の連鎖を断ち切る一歩だ。県内では児童虐待通告が右肩上がりに増え、16年は過去最多の384人だった。

 スーパーで見た女の子について通告した女性は、上間さんの本を携えイベントに参加した。自分の対応は正しかったのか、女の子を救うことはできるのか、涙を流しながら心配する姿に、子どもを取り巻くこの社会の可能性を見た。

最終更新:5/5(金) 9:30
沖縄タイムス