ここから本文です

大矢氏、初回3点を失った由規に「主導権を渡してしまった」

5/5(金) 21:35配信

ベースボールキング

○ DeNA 6 - 1 ヤクルト ●
<7回戦 横浜スタジアム>

 今季初登板となったヤクルト・由規は、苦しいマウンドとなった。

 4月29日に行われたDeNAとの二軍戦で、9回2安打10奪三振無失点の完封勝利を挙げるなど、二軍戦では4試合に登板して3勝0敗、防御率1.04と結果を残し、今季初登板を迎えた。

 由規は初回、先頭の桑原将志にセンター前ヒットで出塁を許すと、一死後、ロペスにレフト前に運ばれ一、三塁。4番・筒香嘉智に四球を与えると、続く宮崎敏郎に押し出しの四球で1点を失う。なお一死満塁とピンチは続き、戸柱恭孝に犠飛、石川雄洋にレフトフェンス直撃のタイムリー二塁打を浴び、立ち上がり3点を失った。

 2回以降は走者を出しながらも、無失点に抑えたが、4回一死三塁、倉本寿彦を打席に迎えたところで降板。この日は3回1/3を投げ、6安打3失点で敗戦投手となった。

 ニッポン放送ショウアップナイターで解説を務めた大矢明彦氏は由規について「最初に四球を絡めて、主導権をあげてしまう3点を取られましたからね。それはやっぱり大きいですよね」と話した。

(提供=ニッポン放送ショウアップナイター)

BASEBALL KING

スポーツナビ 野球情報