ここから本文です

MotoGP第4戦スペインGP初日:ホンダ勢がトップ3独占。ダニ・ペドロサが最速

5/5(金) 22:34配信

オートスポーツweb

 MotoGP第4戦スペインGP、MotoGPクラスは、スペインのへレス・サーキットで初日のフリー走行を行い、ダニ・ペドロサ(ホンダ)が1分39秒420で初日総合トップに立った。

【画像】ダニ・ペドロサ/レプソル・ホンダ・チーム

 MotoGPクラスの初日のフリー走行も午前中の1回目はウエット、午後の2回目はドライで行われた。ウエットの1回目でトップタイムを記録していたペドロサは、ドライの2回目でもセッション序盤からリーダーボードのトップを争い、中盤すぎには4周連続でファステストを更新。終盤にリーダーボードのトップの座を奪われたものの残り4分で逆転。総合トップで初日を終えた。

 総合2番手に1分39秒964でジャック・ミラー(ホンダ)、総合3番手に1分40秒045でカル・クラッチロー(ホンダ)が続き、ホンダ勢が初日のトップ3を独占。1回目のウエットでもクラッチローが2番手、ミラーが3番手につけていた。

 総合4番手に1分40秒291でホルヘ・ロレンソ(ドゥカティ)。ロレンソは2回目のセッションの残り5分でリーダーボードのトップに浮上。その後、ペドロサ、ミラー、クラッチローに逆転されたものの、得意のへレスで初日4番手と好スタートを切った。

 総合5番手に1分40秒378でダニロ・ペトルッチ(ドゥカティ)が続き、マーベリック・ビニャーレス(ヤマハ)はセッション序盤に9コーナーで転倒。再始動を試みたものの、エンジンがすぐにかからず、ピットに戻って2号車で走行を継続。1分40秒379で総合6番手となった。

 総合7番手に1分40秒392でアルバロ・バウティスタ(ドゥカティ)、総合8番手に1分40秒428でアンドレア・ドビジオーゾ(ドゥカティ)、総合9番手に1分40秒479でアレイシ・エスパルガロ(アプリリア)の順で続き、ポル・エスパルガロ(KTM)が1分40秒573で総合10番手とKTMで初めてセッショントップ10を記録した。

 バレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)は1分40秒698で総合12番手。マルク・マルケス(ホンダ)は1分40秒915で総合14番手と、他のホンダ勢が好調の中、初日は後方に沈んだ。

 スズキ勢では、アンドレア・イアンノーネ(スズキ)が1分41秒165で総合16番手。負傷欠場のアレックス・リンス(スズキ)の代役として初のMotoGPクラス参戦となる津田 拓也(スズキ)は1分41秒887で総合19番手で初日を終えた。

[オートスポーツweb ]