ここから本文です

レアルに痛恨、カルバハルが右足ハムストリング負傷…リーガ残り4試合欠場へ

5/5(金) 17:58配信

SOCCER KING

 2日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)準決勝ファーストレグで、アトレティコ・マドリードに3-0で先勝したレアル・マドリードにとって、この試合で唯一の誤算と言えるのがスペイン代表DFダニエル・カルバハルの負傷だろう。

【誕生日記念】16歳でデビューしたセスクのプロキャリア14年を写真で振り返る

 アトレティコ戦の前半終了間際に右足のハムストリングに痛みを訴え、ハーフタイムで交代したカルバハル。3日に行われた精密検査の結果、大腿二頭筋にグレード2の損傷が確認されたことが、クラブによって発表された。レアルは回復に要する期間を明らかにしていないものの、スペインの各メディアは3~4週間の戦線離脱になると伝えている。

 これによりカルバハルは、今後グラナダ、セビージャ、セルタ、マラガと対戦するリーガ・エスパニョーラの残り4試合および、アトレティコとのCL準決勝セカンドレグに欠場することが確実となった。一方、来月3日に行われるCL決勝には回復が間に合う可能性があり、準決勝でアトレティコを退けた場合、連覇が懸かる一戦での復帰がターゲットとなる。

 レアルにとってカルバハルはチームで最も替えの利かない1人であり、離脱は非常に痛い。右サイドバックの控えにはブラジル代表DFダニーロがいるが、アトレティコ戦の後半は本職がセンターバックのDFナチョ・フェルナンデスが代わりを務めており、今後のジネディーヌ・ジダン監督の選手起用に注目が集まる。

(記事提供:WOWOW)

SOCCER KING

最終更新:5/5(金) 17:58
SOCCER KING