ここから本文です

サリン?浴びたシリア人男性 命は助かったが……

BBC News 5/5(金) 16:24配信

(c) BBC News

シリア北西部ハーン・シェイフンで4月4日に多数の住民が死傷した攻撃は、猛毒のサリンかサリンに似た物質を使った化学攻撃だったと、化学兵器禁止機関(OPCW)している。アボ・ラビーアさんは当日、サリンと思われる物質を浴びて意識不明となったひとり。攻撃後に家族と共に家を出たラビーアさんは、まだ身体症状に苦しめられていると話す。(映像の一部に衝撃を受ける方もいるかもしれません)

(c) BBC News

最終更新:5/5(金) 16:24

BBC News