ここから本文です

ECBの低金利維持はデータ次第とプラート氏-想定より早い利上げも

5/5(金) 0:26配信

Bloomberg

欧州中央銀行のプラート理事は4日、同中銀の利上げ時期を巡る議論に道を開いた。2018年中のある時期とみなされている資産購入プログラムの終了後「相当期間」低金利を維持する方針について、景気動向によって変更する可能性を示唆した。

プラート理事はブリュッセルでのパネル討論会で「『相当期間』と言っているが、これはデータに大きく左右される」とし、「長くも短くもなり得る」と述べた。

一部投資家の想定よりも早期の利上げの可能性があると認めるプラート理事の発言は、非伝統的金融緩和措置からの出口戦略を巡る議論を活発化させるかもしれない。6月8日の政策決定会合で、フォワードガイダンスについての議論が白熱化することになりそうだ。

同理事はまた、「異例の緩和的金融政策が長期にわたった後で、政策姿勢の変更はいかなるものも段階的でなければならない」とし、政策姿勢変更は「現在の活動加速の兆候がハードデータで裏付けら れ、より強い成長がインフレ軌道の持続的調整を促しているという 十分な証拠に基づいていなければならない」と語った。

「次回6月の政策決定会合では、現在よりも広範な情報を判断材料 にすることができるだろう。新たな経済予測を軸に、景気見通しを 巡るリスク分布についての最新評価を含む情報が利用可能になる」とも述べた。

原題:Praet Casts Doubt on ECB Rate Pledge Saying It’s Data Dependent(抜粋)

Jeff Black, Carolynn Look

最終更新:5/5(金) 0:26
Bloomberg