ここから本文です

伊モンテ・パスキ:3四半期連続で赤字、資本水準いっそう低下

5/5(金) 20:23配信

Bloomberg

公的支援による再建を模索しているイタリアの銀行、モンテ・デイ・パスキ・ディ・シエナは、3四半期連続の赤字と会計基準の厳格化により資本水準が低下したと明らかにした。

モンテ・パスキが4日夜に発表した資料によると、財務の健全性指標である普通株ティア1比率は3月末時点で6.5%となり、昨年12月末の8.2%から低下した。欧州中央銀行(ECB)が定める最低基準の10.75%からさらに遠ざかった。

12月に市場を通じた資金調達に失敗した同行は、いわゆる「予防的な資本増強」の承認を得ようと欧州委員会と協議を進めている。ECBはモンテ・パスキがバランスシート強化に必要な額を88億ユーロ(約1兆800億円)と算定。イタリア銀行(中央銀行)の計算に従うと、政府が約66億ユーロを拠出し、残りを債権者が負担する。

1-3月の純損益は1億6920万ユーロの赤字。前年同期は9310万ユーロの黒字だった。欧州連合(EU)の銀行破綻処理基金への支払い、リスクや費用に対する一回限りの引当金など営業外の要因で計上した1億3100万ユーロが1-3月の業績に響いたという。

原題:Capital Levels Slide at Italy’s Paschi After Run of Losses (1)(抜粋)

Sonia Sirletti

最終更新:5/5(金) 20:23
Bloomberg