ここから本文です

【インタビュー】ゾーイ・サルダナ 家庭と仕事を両立するコツは?「見極めることが大事」

cinemacafe.net 5/6(土) 8:00配信

スター・ロードことピーター・クイルと出会い、“ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー”の一員となったガモーラは、クールビューティーな中にもどこか温かみを感じさせる美貌の戦士。その温かみは、ゾーイ・サルダナが演じてこそのものではないか。快活に話し、美しく微笑む彼女を見ているとそう思えてくる。そんなガモーラの温かみが、より確かに感じられるのが『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』。ピーターとガモーラの関係にも「心と心でつながった仲だからこそ、とても自然な展開が訪れるわ」という待望の続編では、クールかつスマートに戦うガモーラの心の中を覗き見ることができる。

【画像】ガモーラを演じるゾーイ・サルダナ

「前作と同じくらい、ガモーラは戦っている。いえ、それ以上かしらね。銃を撃ったり、蹴ったり、殴ったり、飛び跳ねたり(笑)。私が最も興奮させられたのは、そういったアクションがピーターら仲間との絆を通して描かれるのはもちろん、ネビュラとの姉妹関係の中で繰り広げられること。彼女たちはなぜ戦い合う仲になったのか。今回は、それが深く描かれるわ」。


宇宙の巨悪サノスの下、暗殺者になるべく育てられたガモーラと妹のネビュラ。いまやヒーローチームの一員となったガモーラに対し、ネビュラは嫉妬と敵意を抱いている。
「そもそも、育ての父親がクレイジーだから仕方がないわよね(笑)。ガモーラもネビュラも子どもの頃から酷い目に遭ってきたし、その過程でライバル心が生まれ、関係がこじれてしまった。ガモーラは姉として過去を水に流し、解決しようとしているけど、ネビュラは割り切ることができず、いまも過去に囚われ続けている」。

「そんな2人の緊張関係がどうなるのか、お楽しみに」といたずらっぽく笑うゾーイ自身には、1歳上の姉と1歳下の妹が。姉とも妹とも非常に仲が良く、「だから、姉妹で憎しみ合う状況を想像することができなかった」と明かす。
「ガモーラを演じることは楽しいけれど、私自身としてはすごく心が痛む場面もあった。でも、こういったアクション映画の中で、女性キャラクターの生い立ちにまつわる問題がここまで深く描かれることは珍しい。だから、誇りにも感じているのだけど」。


ちなみに、仲の良い姉や妹は「私が出演する作品の脚本をしっかり読んでいる(笑)」とのこと。しかし、ゾーイの出演作と言えば、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』をはじめ、『スター・トレック』シリーズ、続編も予定されている『アバター』など、口外厳禁の作品ばかり。脚本を読ませるのも本当はマズいのでは? とこっそり訊ねると、「でも、見せちゃうわ。誰かに内容を喋っちゃ駄目よ! と念を押してね」という返答が。

「姉や妹に対して何かを秘密にしろと言われても、そんなの無理よ。だって、姉妹だもの(笑)。それに、私には彼女たちのアドバイスがすごく重要なの。2人とも性格が全く違うから、意見も全く違う。片方は強気な意見で私を奮い立たせ、もう片方は穏やかな意見で私をたしなめてくれる。姉や妹のおかげで、私はバランスよく仕事ができるの」。


また、姉と妹以外にもゾーイには大切な家族が。2013年に結婚し、翌年に双子を出産。今年の2月に第3子の出産を発表し、「いまは3人の男の子の母親よ」と笑顔を見せる。
「『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のプロモーションは、双子を妊娠しているときだった。出産後しばらくは家でのんびりしていたけど、息子たちが生後6か月のときに『スター・トレック BEYOND』の撮影に入ってから現在まで、何らかの作品に関わってきている。家庭と仕事、どちらか一方を長く休むのは嫌なの。家庭もキャリアも一緒に築き上げていきたいと思っている。ただし、それがストレスになるようであれば、もちろんペースを落とすわ。3人目の息子が生まれた後、本当はもう少し長く休みを取るべきだったかもしれない。でも、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』みたいなシリーズ作品に恵まれている以上、スケジュールの調整は嬉しい悩みね。シリーズを続けるためには、仕事に向かわなくちゃ。その代わり、休みのときは家族とずっと一緒にいるようにしている。夫も大変だと思うけど、お互いに協力してやっているわ」。

そんなゾーイのエネルギーの源は、「健康的な食事と睡眠」とのこと。「充電するためには寝なくちゃ。体を休めなきゃもたないわ」と笑う。
「貯めたエネルギーを何に注ぐか、その対象を見極めることも大事よね。私の場合は、子どもたち、そして仕事。そのためには、ゴージャスなパーティーは諦めるわ。いまのところはね(笑)。あとは、つらいことを溜め込まないようにするのも大事だと思う。つらかったり、悲しいことがあったりしたときは、夫や家族、友人たちに電話したり、会って吐き出すようにしているの。彼らの励ましの言葉が、私を勇気づけてくれるから」。

最終更新:5/6(土) 8:00

cinemacafe.net