ここから本文です

平野紫耀、映画単独初主演で本格ラブストーリーに初挑戦 人気漫画「honey」

デイリースポーツ 5/6(土) 5:00配信

 ジャニーズJr.内ユニット「Mr.KING」の平野紫耀=ひらの・しょう=(20)が、映画単独初主演となる「honey」(来春公開)で本格ラブストーリーに初挑戦することが5日、分かった。人気同名少女漫画を初実写化した同作で、不良の“鬼S男子”役を演じ、初の赤髪姿もお披露目。初共演の女優・平祐奈(18)が演じるへたれ女子高生と共に、甘い青春初恋物語を紡いでいく。

 新進気鋭の平野が全国150館規模で上映される銀幕の主演を射止めた。「シンプルに嬉しかった」と喜び、恋愛もの挑戦に「いろいろな映画やドラマのラブストーリーを観て『こんな恋っていいな』と憧れていた。ときめきを味わって頂けたら」と意気込んだ。

 2012年から関西ジャニーズJr.として活動を始め、東京に進出。16年に主演舞台「ジャニーズ・フューチャー・ワールド」で博多座の最年少座長記録を19歳に更新。今年4月からは炭酸飲料「マッチ」で初単独CMに出演するなど快進撃中。コンプレックスだったハスキーボイスを個性と捉えたジャニー喜多川社長(85)に「フューチャー(将来)の第一人者」と言わしめた逸材だ。

 映画は、集英社「別冊マーガレット」に連載されシリーズ累計200万部突破した同名漫画が原作。高校を舞台に、“鬼S不良男子”で赤髪の鬼瀬大雅(平野)が、ヘタレでビビりの女子高生・小暮奈緒(平)に突然プロポーズ、彼女がビビって受け入れたことから始まる恋を描く。

 赤髪と鋭い眼光から超不良と恐れられるが、実際は思いやりあふれる料理上手とギャップある鬼瀬役。プロデューサーは「クールな印象ですが柔らかい笑顔からは優しさが醸し出される」と“ギャップ萌え”を起用理由とした。

 9日から始まる撮影に向けて髪を赤くした平野は「目に力を入れて演技を頑張りたい」と気合。平も髪を20センチ切り茶髪に初挑戦するなど気合満々で、フレッシュな2人の青春恋物語に注目だ。

最終更新:5/6(土) 5:00

デイリースポーツ