ここから本文です

【巌流島】体重差は約40kg、小見川は「公平な試合」

5/6(土) 13:53配信

イーファイト

 5月6日(土)千葉・舞浜アンフィシアターにて開催される『巌流島 WAY OF THE SAMURAI 2017 in MAIHAMA ニッポンの底力! ニッポンの未来!』の前日計量&記者会見が、5日(金)都内にて行われた。

【フォト】並ぶとさらに分かる小見川と楠の体格差

 今大会で注目される無差別級の2試合、小見川道大(NEO柔道/日本)vs楠ジャイロ(キックボクシング/ブラジル)、菊野克紀(沖縄拳法空手/日本/元DEEPライト級王者)vsジミー・アンブリッツ(MMA/アメリカ/元KOTCスーパーヘビー級王者)。

 小見川は74.9kg、楠は116.6kgで約40kg差に。菊野は77.3kg、アンブリッツは134.4kgで約57kg差となった。

 計量を終えると小見川は、「この対戦カードを組んでくれた関係者の皆さん、ありがとうございます。この試合を受けてくれた楠選手ありがとうございます。大きい選手は小さい選手とやりたがらない。そんな中でも楠選手は受けて立ってくれた」とお礼を述べる。

「大きい選手は小さい選手と試合をしたことがないんです。だから、これは無差別級ですが公平な試合だと思っています。僕も楠選手もやりにくい中で試合をするので、自分でもどんな試合になるか楽しみです」と、体重が軽い方だけが不利ではないと訴えた。

 そして、「道場の子供たちには、明日は最高の授業をすると伝えました。生きていくうえで自分が好きだ、楽しいと思えるのが自分は戦いです。心から好きだと思える職業を見せたい。命を懸ける姿を学んで欲しい」とメッセージ。

 迎え撃つ楠は「明日は2回目の巌流島に出ます。1回目は判定負けしたので明日は間違いなく頑張る。皆さんのためにいい試合を見せます」と挨拶し、「小見川さんは本当に心が強いと思う。僕はキックボクシングで150kgの選手を2Rで倒している。でも体重がこれだけ違う相手と戦うのは初めてで、こっちも緊張はある。キックボクシングの試合よりもドキドキする。小見川さんのことは本当にリスペクトしている。侍です」と、小見川を称えた。

 小見川は楠と向かい合った感想を「思ったよりも大きいと思った。明日、この方とどうなるのかなというのがとても楽しみになった」と言い、無差別級で戦うことを心から楽しみにしているようだった。

 またルールミーティングで、危険防止のため大きい方の選手は首への関節技は禁止にしようとの声があがったが、小見川は「そんな不公平なルールや嫌だ」と拒否したという。

 なお、今大会から道衣がリニューアルされ、これまでの空手衣をベースにしたものから柔道衣や柔術衣をベースにしたものとなった。これによりつかんでも破れにくく、またつかみやすくなったことから「柔道・柔術系の選手が戦いやすくなるのでは」と谷川貞治プロデューサーは語った。

最終更新:5/6(土) 13:53
イーファイト