ここから本文です

MERRY 晩夏にアルバム発売&47都道府県ツアー決定、野音公演でガラが発表

5/6(土) 12:15配信

エキサイトミュージック

社会への鬱憤を爆発させ、独自の視点で辛辣なメッセージを発信し続けているMERRYが、昨夜、2013年以来となる日比谷野外大音楽堂にて単独公演を行い、2017年晩夏に最新アルバムをリリース、その新作を引っさげて9月より47都道府県ツアーを行うことがガラ(Vo)の口から発表された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

雲ひとつない晴天で迎えた『Tokyo Spring 日比谷デモクラティック ~羊達の主張~』日比谷野外大音楽堂公演は、タイトルにふさわしく「演説~羊達の主張~」で幕を開けた。全国から集結した羊達(ファン)の歓声と喝采がステージに負けじと響き渡り、続く「[human farm]」では“人間は社会に飼われているから。”と皮肉めいた歌詞が大都会・東京の空に突き刺さる。

最新アルバム『NOnsenSe MARkeT』を軸に、結成から15年という活動の中でそれぞれの時代を震撼させてきた楽曲が織り交ぜられたセットリストに会場内の熱気も一気に上昇。2013年の同ステージで披露されてから封印されていた「screams of dark」を筆頭にMERRYライブ定番曲が披露される中、ステージに設置された9面のLEDスクリーンが駆使された演出や会場中央に設置されたサブステージでのガラのパフォーマンスも冴え渡る。時折、気持ち良い5月の風が場内を包み込み、まさに野外ライブの醍醐味を味わう時間が流れ、本編を締めくくったのは「千代田線デモクラシー」。万歳で埋め尽くされる会場はまさに圧巻の景色を創り出した。

ガラのヘルニア手術、テツ(Ba)の頚髄損傷というバンドにとっての試練を乗り越えたMERRYが全身全霊で挑んだライブは、強い絆で結ばれた5人とファンが一体となる瞬間が幾度となく生み出され、まさに、MERRYの意志が音楽というツールによって会場を響かせ、個々の「主張」がステージからも客席からも体現された一夜となった。

晩夏に発表される最新アルバム『エムオロギー』は自身9枚目となり、15年間を総括しつつ、新たなMERRYの決意を示す作品になるに違いない。その最新アルバムを引っさげて開催される47都道府県ツアーは、9月3日(日)HEAVEN'S ROCK熊谷でのファンクラブ会員限定ライブを皮切りに、沖縄公演2デイズを含む47公演を行い、2018年2月3日(日)には東京へ凱旋し、日本青年館にてツアーファイナルを迎える。