ここから本文です

16年~17年にかけて「消えた芸能人」 今はどうしているのか

J-CASTニュース 5/6(土) 16:00配信

 宗教法人「幸福の科学」に職員として採用され「出家」した清水富美加さん(22)以外にも、2016年末から17年にかけて芸能界から姿を消したり、「引退」を報じられたりした人は多い。

エスパー伊東さんは「営業継続」

 こういった人の中には、週刊誌やスポーツ紙が「復帰説」を報じる人もいれば、「引退」自体が事実誤認だったりするケースなど、事情はさまざまだ。話題になった人の「その後」は、どうなっているのか。

■エスパー伊東さんは引退ではないが「体を張りすぎた芸はもう難しい」

 2017年1月に「引退」を報じられたのは 「ラケットくぐり」「扇風機舌止め」などの体を張った芸で知られるエスパー伊東さん(56)だ。東京スポーツが「芸能界を引退し芸術家に転身する」と報道したが、伊東さんの所属事務所はJ-CASTニュースの取材に対して引退を否定。「体を張りすぎた芸はもう難しいかも」と、体力をセーブしながら仕事を続けていきたいとしていた。今でもブログを定期的に更新しており、4月11日には

  「某有名企業の営業表彰式祝賀パーティーを盛り上げてきました」

と書き込んでいる。やはり、仕事自体は続けているようだ。

 江角マキコさん(50)が「引退」を報じられたのも1月だったが、それ以降、江角さんの動静が伝えられることはなくなった。

 2月末には、堀北真希さん(28)が唐突に芸能界引退を発表した。直筆のファクスで、

  「現在私は母になり、愛する家族と幸せな日々を送っています。このあたたかで、かけがえのない幸せを全力で守っていきたいと思っています」

として、夫の山本耕史さん(40)とともに、子育てや家庭に専念することを引退の理由に挙げた。堀北さんのポジションを誰が埋めるのかをめぐる「ポスト堀北」論にも花が咲き、平祐奈さん(18)らの名前が挙がった。堀北さんの近況については、4月25日発売の「女性自身」5月9・16日合併号が「育児に追われ、外に出る時間もなく日々を過ごす」と伝えている。

1/2ページ

最終更新:5/6(土) 17:44

J-CASTニュース