ここから本文です

BLUE ENCOUNT × SUPER BEAVERの「男子会」で発覚した、2組の意外な共通点とは?

M-ON!Press(エムオンプレス) 5/6(土) 18:07配信

■2組のバンドに共通する「くくり」を探る

LINE MUSIC×M-ON! MUSICによる、新音楽トーク番組『音楽男子』が4月29日、LINE LIVEにて配信された。普段見ることのできない、ミュージシャン同士の飲み会をのぞき見できるというこの番組。都内某所の居酒屋に集まったのは、BLUE ENCOUNTのボーカル&ギター・田邊駿一とギター・江口雄也、そしてSUPER BEAVERのボーカル・渋谷龍太とギター・柳沢亮太の4名だ。

みつかった共通点とは?

元々親交の深い2バンドだけに、リラックスした雰囲気で飲み会はスタート。居酒屋ということで、まずは飲み物を注文しつつお互いのバンドの出会いなど、普段聞くことのできない話が次々と飛び出す。

番組のトークテーマとして設定されていたのは、2組のバンドに共通する「くくり」を探るというもの。視聴者に「2組の共通点はなんだと思う?」と話しを振ると、早速「MCが熱い」、「金髪ギター」、「ボーカルがうるさいw」など様々なコメントが。

その中で、「バンド名のアルファベット数が同じ」という視聴者コメントに「マジで!」と盛り上がる4人。メンバーも知らない思わぬ共通点が見つかるのも、視聴者とコミュニケーションを取りながら進行する生配信番組ならではといえる。

■4人が選ぶ「行きの通勤・通学中に聴きたくなる曲」

その後、話はLINE MUSICのプレイリストを決めるという流れに。4人がプレイリストのテーマに選んだのは「行きの通勤・通学中に聴きたくなる曲」。銀杏BOYZからhitomiまで、メンバーが学生時代に実際に通学で聴いていた曲から、欅坂46など最新のアイドル楽曲まで、洋楽邦楽を問わないバラエティに富んだプレイリストが完成した。

早速LINE MUSICで実際にプレイリストとしてアップされているので、2組がどのような曲を選んだのか気になる人は、ぜひチェックしてほしい。

※BLUE ENCOUNTが選んだ「行きの通勤・通学中に聴きたくなる曲」
https://lin.ee/dOZmNFJ/lnms

※SUPER BEAVERが選んだ「行きの通勤・通学中に聴きたくなる曲」
https://lin.ee/fo7N7Fm/lnms

番組では、視聴者の助けも借りつつさらに2組の共通点をそれぞれ探り合っていく。「結成年数」「年より若く見える」など、新しい共通点が次々と見つかり、番組は終盤に。

飲み会を振り返っての「今の気分」をLINE BGMとして設定する流れになり、SUPER BEAVERは銀杏BOYZの「東京」を、BLUE ENCOUNTがフジファブリックの「若者のすべて」を選択。最後まで笑いに包まれたまま番組は終了した。

飲み会ならではのリラックスした雰囲気で配信された『音楽男子』。次はどんなアーティストの飲み会が覗き見れるのか、次回の配信も楽しみにしてほしい。

【生配信のアーカイブはこちらにて視聴可能】
https://lin.ee/5SD8DP2/lnms
※2017/05/29 23:59 まで公開

最終更新:5/6(土) 18:07

M-ON!Press(エムオンプレス)